HOME | ABOUT | MATSUYAMA | EFC | FCI | SSL | ESL | OTHER | STADIUM | LINK | WEBMASTER
 
ニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場) 
ニンジニアスタジアム(ニンスタ)は、愛媛県松山市にある陸上競技場です。
1980年に完成し、現在はJ2愛媛FCのホームスタジアムとして利用されています。
また、Jリーグ開幕の1993年、サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズの試合がナイトゲームで行われた際、当時はまだ照明がなかったため、クレーンで照明を吊り下げて試合を行ったり、1995年にはデサントアディダスマッチ:日本代表vsサウジアラビア代表の試合も行われたりしました。
FC今治の複合スタジアム完成までは、愛媛県で唯一のJ1規格のスタジアムです。

愛媛FCのJリーグ加盟の際、J2規格に対応するべく座席の増設やトイレの新設等が行われ、また2017年の愛媛国体に向けて色々と改修が行われ、現在の姿になりました。

松山市の郊外にあり、交通の便があまり良くないのと、陸上競技場ゆえにピッチと観客席との距離があるのが難点ですが、トイレが洋式ウォシュレットでキレイという、他のスタジアムに負けない良い面もあります(これ、個人的にかなり重要です)。

■交通アクセス

・マイカーで行く場合
 ---------------
愛媛FC公式サイトで詳しく案内されているのでここでは省きます。

・バスで行く場合
 ------------
松山市の中心駅である、伊予鉄道松山市駅バス3番のりばから、「えひめこどもの城」行きで「ニンジニアスタジアム(陸上競技場前)下車、降りてすぐです(こちらはJR松山駅と大街道(おおかいどう)は通らないので注意です)。
原則として毎時00分と30分に松山市駅始発で出ていますが、夕方16時くらいまでしかないです。
所要時間はシャトルバスより若干長く30分くらいかかりますが、スタジアムに近づくにつれて愛媛FCのフラッグを見られるのが良いです。
あと、大抵の場合は余裕で座れるくらい空いてますw

愛媛FCの公式戦開催日には、JR松山駅~松山市駅~大街道(おおかいどう)~いよ立花駅~ニンジニアスタジアムのルートでシャトルバスも出ています。
所要時間はだいたい20分くらいなのですが、帰りが夕方になると渋滞に巻き込まれて1時間以上かかる場合が多いです。
伊予鉄道とJR四国バスが交互に運行しているのですが、ICい~カードや伊予鉄のフリー乗車券が使えるのは伊予鉄バスのみです。
※試合観戦チケットとバス乗車券がセットになった「愛媛FCサポーターズチケット」は両社共に使えます。
 SuicaやPASMO、ICOCAといった全国系の交通系電子マネーはJR四国バスも含めて使えません。

なお、松山市駅3番のりばから出ている「砥部(とべ)大岩橋」「砥部断層口」行きのバスでも愛媛県総合運動公園の入口までは行けるのですが(「総合運動公園口」下車)、こちらはバス停を降りて5~10分ほど山登りしないといけないので、路線バスを利用する場合は「えひめこどもの城」行きに乗るのが無難です。
ただし、バスの本数自体は「総合運動公園口」の方が15分に1本あり、帰りのバスも21時頃まであります。

伊予鉄道公式サイト


■ギャラリー
 ---------
※画像をクリックすると1920×1080ピクセルの大きなサイズになります。

■おまけ:昔の愛媛県総合運動公園陸上競技場■
※古いデジカメなので解像度が低いです。
2001年9月15日
※愛媛FCのJFL初年度、vs本田技研
2005年12月4日
※愛媛FCのJFL最後の試合、vsデンソー
2006年3月4日
※愛媛FCのJ2初試合、vs横浜FC

 TOP - STADIUM - ニンジニアスタジアムありがとうサービス.夢スタジアム
 (C)2017-2018 YASUTAKA