HOME | ABOUT | MATSUYAMA | EFC | FCI | SSL | ESL | OTHER | STADIUM | WEBMASTER
愛媛FC - EHIME FC -

愛媛FCは1970年、松山サッカークラブ(松山SC)として誕生しました。

松山SCは1987年に愛媛県リーグに昇格すると、一度も降格することなく四国リーグを戦っていました。
愛媛FCの前社長である豊島吉博氏が代表を務めており、1994年度のチームカラーは青と白でした。

1994年4月に株式会社愛媛フットボールクラブが設立され、まずユースチームが誕生しました。
また、当時はサンフレッチェ広島と提携し、サンフレッチェ愛媛サッカースクールの運営も行っていました。

1995年から松山SCが愛媛フットボールクラブのトップチームとなり、1997年まではトップチームのみ紫色のユニフォームを着て四国リーグを戦っていました。
また、1997年には愛媛FCユースが天皇杯愛媛県代表になり、1回戦で社会人のアローズ北陸に勝利し、2回戦進出を果たしました。

1998年からはトップチームもチームカラーがユース以下と同じ青&白になり、元Jリーガー・大西貴選手や谷口圭選手らが加入、四国リーグ初優勝を飾って地域リーグ決勝大会も3位と躍進しました。

2001年にトップチームが「任意団体・愛媛FC(えひめエフシー)として独立、JFLに参入しました。
松山のサッカークラブで全国リーグを戦うのは、帝人松山サッカー部以来、2チーム目となりました。

2003年11月に運営団体を「株式会社愛媛FC」として法人化、2004年には初のプロ契約選手も誕生、大分トリニータからレンタルで2選手を獲得、株式会社愛媛フットボールクラブと合併し、ユース世代も完備とプロ化に向けて着々と準備を進めました。

2005年にはチームカラーがオレンジになり、プロ契約選手も13人に増え、運営資金も1億3000万円まで増やし、JFL優勝でJ2加盟を決めて今に至ります。

ここでは、愛媛FCについて色々と紹介していきたいと思います!

EHIME FC CONTENTS
CLUB PROFILE 愛媛FCについて
愛媛FCの紹介・歴史。
PLAYER & STAFF 選手&スタッフ
2018年トップチームの選手&スタッフを紹介。
MATCH
J2 明治安田生命J2リーグ参加チーム

全日程&結果

順位

2018明治安田生命J2リーグについて。 
OTHER MATCH 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会

練習試合

天皇杯や練習試合。
FCI & EFC 松山(ニンスタ)&今治(夢スタ)東京(首都圏各地)
愛媛FCとFC今治をセット(同日 or 1泊2日)で観戦できる公式戦スケジュール。

(C) 2017- MATSUYAMA HEART